実習の流れ

実習生の面接から日本語講習まで、入国から技能実習までの流れとなります。
日本語や日本での生活マナー等をしっかり学び、現場での技能実習に入ります。

面接から日本語講習まで

  • 実習生試験

    選考の競争率10倍以上の実習生試験

    日本で技術を学びたいという実習生は、まず現地の送り出し機関にて、実習生になる為の最初の試験である実習生試験を受けます。厳しい試験を乗り越えた合格者を、通過者として選抜致します。
  • 面接

    選考通過者は当組合オリジナルの完全面接へ

    「ボルトナットテスト」「クレペリン検査」「実技試験」「算数試験」等を通じて、実習生の人間力と職務能力を的確に見極め、最適採用を実現致します。
  • 日本語講習

    5ヶ月840時間 日本語講習(現地)スタート

    面接に合格した実習生。これから日本語の講習が開始。彼らの多くは、ここで初めて「日本語」と出会いますが、5ヶ月後には日本語検定N4レベルへの到達を目指します。
  • 日本語講習

    日本語検定N4の会話力習得に向けて

    授業では「読む・書く」という能力は当然ながら、コミュニケーションの礎となる「聞く・話す」の会話力教育に特に重点を置いています。勤勉な彼らは予習・復習は常に欠かさず授業に臨んでいます。
  • 日本語テキストと向き合うベトナム人

    休憩時間でも、日本語のテキストを離さない

    授業の合間にある休憩時間。僅かな間も惜しんで日本語テキストと向かっています。日本語力の習得は夢を身近にしてくれる。そういう思いがひしひしと伝わってきます。
  • 日本の風習

    休憩時間でも、日本語のテキストを離さない

    挨拶をはじめとした礼儀作法や5Sなど、日本または企業で活動するうえで重要な習慣を習得致します。
  • 会話力テスト

    繰り返し行われる厳しい会話力テスト

    日本語検定N4レベルの日本語を使い、双方向のコミュニケーションが的確に行われているか。を繰り返しテストで確認致します。
  • 記念撮影

    母国講習が終了。いざ日本へ

    ベトナムでの講習が終了。日本のシンボル・桜の絵をバックに記念撮影を行い、出発の時を待ちます。

入国から技能実習まで

  • 日本に到着

    数々の期待を胸に日本へ到着

    空港に到着。監理団体(当組合)の職員が彼らを出迎えます。「彼らの夢を叶えてあげたい。」全ての職員がそう思う瞬間でもあります。
  • 日本に到着

    日本に来たら全てが勉強

    日本に来たら全てが勉強です。バスの乗り方も料金に支払い方も、講習で教わった通りに実行していきます。
  • バスでの移動

    見るものすべてが新鮮で美しい

    高くて近代的なビルが立ち並ぶ風景を横目に、彼らが自分たちの目標を再度、強く意識する瞬間です。
  • スーツで入国式

    スーツ姿で入国式

    入国式が開催。実習生も全員スーツ姿で出席し、現地の機関にて猛勉強をしてた日本語で皆様へ挨拶をします。
  • 日本生活でのマナーと講習

    ゴミ出し、挨拶など。生活方法の講習も

    日本での講習(1ヶ月)がスタート。ゴミの出し方、住居近隣の方々へのご挨拶……日本生活でのマナーや習慣を習得。
  • 技能実習

    企業様への配属

    企業配属となり現場へ 「誰よりも早く技術を覚える」という意気込みで早期の技能習得を目指します。
  • 技能実習

    日本での溶接作業。指示通りに習得

    彼らにとって日本の製造業や建築業は世界一。その技能を自分の力とすべく、必死に技能習得に励みます。
  • 技能実習

    溶接をきれいに仕上げることができました

    私の溶接はどうですか?日本人に認めてもらいたい一心で、神経を集中させてやったら、こんなにきれいに仕上がりました。
  • 技能実習

    毎日少しずつでも上達したい

    私の溶接、もっとアップにするとこんな風です。昨日よりも今日、今日よりも明日。少しずつでも上達できるようにがんばります!!!
  • 記念撮影

    先輩、これからよろしくお願いします

    これが、私の指導をしてくれることになった日本人の先輩です。今日はありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

外国人技能実習制度は技能実習生への技術・技能移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成に寄与することを目的としたもので、日本の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。
もっとくわしい情報は下記をクリックしてください。

まずはお気軽にご相談ください!

外国人技能実習生のメリット・デメリット

15年以上の実績

なんでもお答えいたします!

お電話でのご連絡先
受付 9:00~18:00(土日祝休)

  • 06-6333-2373
  • 052-459-5280

メールでのご連絡
24時間受け付けております。

  • 無料資料請求
  • 各種セミナー
  • お問い合わせ
資料請求はこちら

資料請求お問い合わせ

会社名必須
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご住所必須
検索キーワード任意
お問い合わせ内容必須