(協)関西技術協力センター (KTCC)は、外国人技能実習制度を通じて企業の活性化・国際化に取り組んでおります。
協同組合 関西技術協力センター KTCC 国の経済発展を担う「人づくり」 〜外国人技能実習制度〜
まずは、無料資料 新法案について ごあいさつ・組合概要 サイトマップ お問い合わせ
HOME 私たちはここが違います 受け入れ企業様の声 組合スタッフの声 研修風景 外国人技能実習制度について 実習生受け入れの流れ よくわかるQ&A
新法案について ごあいさつ・組合概要 受け入れ可能職種 サイトマップ
日本語能力No.1プログラム
■コミュニケーションの源となる「聞く・話すチカラ」

企業様が技能実習生に求めているのは、日本語能力検定試験が重要視している「読む・書く」と言う能力ではなく、「聞く・話す」のコミュニケーション能力なのです。私たちは、この「読む・書く」は勿論ですが、円滑な人間関係構築の源となる「聞く・話す」のコミュニケーション能力に特に重点を置いています。日本語能力検定3級レベル保証を実現する為に、一般的には1ヶ月程度(160時間)程度しか行わない事前講習を、5ヶ月(800時間)を行っています。また日々の講習後も、実習生自身が自ら深夜まで語学習得に取り組むなど弛まぬ努力を続けています。

日本初 日本語能力検定3級レベル
■母国と日本での一貫した日本語教育システム
私たちは主任日本語教師を母国の送り出し機関に派遣し、意見交換を行い母国と日本との一貫した日本語教育を行っています。両国での教え方の違いや実習生が既に習得した事を再度教えるなどの無駄を無くし、効果的な教育を実施しています。互いに意見交換をする事によって、常に最高の教育が行われるように努力を重ねています。
ページトップ
人間力教育No.1プログラム
■実習生手帳、朝礼による目標設定、気づきの習慣
実習生には全員、KTCCオリジナルの「実習生手帳」が手渡されます。
この手帳を通じて「考える力・豊かな人間性・仕事力・感謝力」の4つの能力を磨く事が出来ます。手帳には月間テーマに基づいた質問が毎週用意され、それに答える中で考える力が養われていきます。例えば「報告・連絡・相談」と言うテーマの場合、「自分が報告・連絡・相談を受けるならどのようなやり方が良いか?」などの質問に月曜から日曜までの7日間、毎日違った回答を考えていきます。
そうした訓練を繰り返す中で、気づき、考える力が身につき、目標に対する達成感を学ぶ事が出来ます

■ありがとう作文コンクールによる感謝力強化
                                          
年1回「ありがとう作文コンクール」に参加しています。現在では全コンクール参加者の10分の1までに達するようになり、昨年のコンクールでは僅か20名の入選枠に私たちの中国人実習生が選ばれました。この「ありがとう作文コンクール」は優秀な作品は表彰、冊子にまとめて企業様にも差し上げています。実習生にとっては、日本で得た一生の思い出になると思っています。日本語の文章力、読解力を向上させる目的もありますが、本当の狙いは、「ありがとう」を伝えたい相手も思い浮かべながら集中して作文し、感謝力を向上させる事にあります。
■お掃除ピカピカ運動
お掃除ピカピカ運動
実習生が母国にいる時の寮は、本当にいつみてもピカピカです。それが日本に来て、日が経つにつれて次第に汚くなっていきます。部屋をキレイにする事は、部屋がキレイきれいになるだけではなく心がキレイになります。健康や仕事にも大変良い影響を与えてくれます
私たちは「お掃除ピカピカ運動」を通じて、実習生の衛生的な生活環境整備と精神的な環境整備に努めています。
ページトップ
採用力No.1プログラム
■基礎能力テスト
@クレぺリンテストで能力面を含めた性格・行動・特徴を総合的に測定します。合格者のテスト結果を内田クレペリン検査に送付し、全ての企業様に詳細なデータをお渡ししています。
A簡単な算数テストによって、地頭の良さをはかります。
B製造業・建設業の為の決められた事を正確に決められたように行う適正実技テストも合わせて実施しています。
日検合格セミナー風景写真
他にも「面接に行っても何を質問すれば良いか分からない」とおっしゃる企業様の為に
2000名余りの受け入れ面接で培われた面談表(質問表)をご用意しています。
ページトップ

アジア諸国との太いパイプ

ベトナム社会主義共和国 労働・傷病兵・社会省 グエン・ティ・キム・ガン大臣が来日されました。
 2008年4月15日グエン・ティ・キム・ガン大臣がベトナム投資セミナー等へ出席されるため来日されました。

グエン・ティ・キム・ガン大臣は、日本のベトナム人実習生監理団体の中で最もベトナムへの貢献度が高く、 優秀であると弊組合を高く評価し、監理団体として日本で唯一弊組合を表彰してくださった大臣です。 

今回の来日では、ベトナムの経済発展・工業化の進展の為に人材育成が必要であるとし、日本への実習生派遣を重視している事や、 ベトナム側では実習の質の向上や契約遵守を目指して海外労働者法を施行したこと、 日本側にはニーズに応じた教育を行うので実習生受入れの増大を望むこと等を強調されました。
法令遵守(コンプライアンス)
(協)関西技術協力センターでは、JITCO主任指導員を招いてコンプライアンスに関するセミナーを開催するなど、法令遵守を徹底するため、さまざまな活動を行っています。
法令遵守をする理由についてはこちらをご覧ください。
気軽に無料相談
■まずは、国際貢献への扉をノック!
外国人技能実習制度は、日本国内に諸外国からの若者を受け入れ、
優れた技能を身につけてもらうことで、国際貢献をはかる国の制度。

このごろでは、受入れ企業の比較的年配の担当者様から、
「実習生が素直で真剣に取り組む姿は、自分が若い頃の日本人を見ているようで、
一緒に働くことが楽しい!」とよく言われます。
しかしそんなうれしい話をしてくれる担当者の方も、最初は
「言葉も文化も違う外国人とうまくやっていけるのか?」
「どんな手続きが必要なのだろう。面倒なのでは?」
と、不安でいっぱいだったのです。

そこで関西技術協力センターでは、そんな不安を気軽に相談できるように
無料相談センターを設けました。
相談内容も「○○について教えてください!」という
一言だけでもかまいません!安心してご相談ください。
■お電話でのお問い合わせはこちら
■メールフォームでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ・無料相談 資料請求申込み(無料)
*土,日,祝日のお問い合わせは、月曜日または祝日明け以降のお返事となります。
HOME
ページトップ
サポート担当者の声
研修生の声
受け入れ企業の声
関西技術協力センター
サイトマップ個人情報保護法についてリンク交通アクセス Copyright (c) 協同組合 関西技術協力センター All Rights Reserved.

Copyright (C) 協同組合 関西技術協力センター All Rights Reserved.