受け入れ企業の声

当組合のサポート担当者が
受け入れ企業様にインタビューしました。

D社

外国の方を雇う確率の多い職種。
確実に身分証明された実習生制度は安心ですね。

既に社員として働いている中国の方もいるので、自然な受け入れ態勢です。

左から、王さん
ソンさん、チョウさん

「実習生制度を利用するのは初めてですが、中国の方は既に何名か働いてもらっています。だから違和感は全く無いですね」
なるほど、ここD社は、タイムカードを見ても、実習生以外にも中国の方の名前が数人並んでいます。
実習生にとっては、言葉の面でも精神的な面でもとても心強いはず!
「そうですね。私も中国語は喋れませんが、おかげで不安とかは感じません。」
お話を伺ったのは、現場で彼らを直接指導する立場である前川さん。取材している間にも、実習生たちが片言の日本語とジェスチャーで質問に来ます。私たちには聞き取りにくい内容でも、慣れたもので、テキパキと指示を出します。
「あんまり日本とか中国とか意識してないですからね。普通に、流れで覚えたほうがいいと思っています。実習生だから特別何かをする、ということはありません」
現場の人たちは全員国籍にも実習生制度にも特別な「構え」がなく、なんとも自然!

外国の方を受け入れる時の見極めの難しさ。それが既にクリアされているのが助かります

実習生制度の利点としては「ちゃんと機関に保証されて来た人ですから」という安心感を挙げて下さいました。ちゃんとした機関に保証って……どういう事でしょう?
「普通に働かせてください、と来たので雇ったら、実は観光ビザで来ていた、なんていうトラブルも時折耳にしますからね(笑)。大阪はいろんな国の方が多いので、雇う時もきっちり基本を見据えないと。知らなかったじゃ済まないし、法に触れる事は絶対に出来ませんし。こちらのほうで判別するのはとても難しいので」
確かに、専門でそういった事を見抜けるような仕事をしていないと、普通は違法で来ているなど分かりませんよね……。

これからの課題は「曖昧な表現の理解」

実習生たちは順調に現場に馴染んでいるようですが、Mさん曰く、曖昧な言葉での指示を理解させる事が一番考える部分だそう。
「日本人でも難しいんですけどね。外観検査は特に、『このあたりまで』とかいう目分量の感覚が多くて難しいですね。まあ、3年間ありますから徐々に理解してもらえると期待しています」
昨年の忘年会では、「中国式の“カンペー”(必ず飲み干さなければならない)を受けてつぶされかけましたよ(笑)」と楽しいコミュニケーション(?)があった様子。
まだまだ3ヶ月。彼らのカンペー攻撃に懲りず、これからもなにとぞよろしくお願いします!

組合へのご要望

日本語の勉強をしてきている、ということですが、挨拶程度、とかひらがなが読める、とかレベルが、現場の私たちにも明確に分かるように、段階的な表現がなにかあれば助かりますね。

組合専務理事からの回答

選抜後、現地で事前日本語実習約3ヶ月及び入国後集合実習約一ヶ月を行っております。
今後は実習の成果が分かるように、テストの結果だけでなく、具体的な内容もご覧頂けるような報告書を、より分かりやすい形でお届けしたいと考えております。

受け入れ企業先

左から、ソンさん
品質管理課:M様
チョウさん、王さん
受け入れ
企業先
大阪府
事業 ダイカスト仕上げ検査
実習作業 機械検査作業
実習生の国籍 中国

まずはお気軽にご相談ください!

外国人技能実習生のメリット・デメリット

15年以上の実績

なんでもお答えいたします!

お電話でのご連絡先
受付 9:00~18:00(土日祝休)

  • 06-6333-2373
  • 052-459-5280

メールでのご連絡
24時間受け付けております。

  • 無料資料請求
  • 各種セミナー
  • お問い合わせ
資料請求はこちら

資料請求お問い合わせ

会社名必須
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご住所必須
検索キーワード任意
お問い合わせ内容必須