受け入れ企業様の声

当組合のサポート担当者が
受け入れ企業様にインタビューしました。

和歌山県T社

最初の苦労を乗り越えれば最高の仲間になります!

実習生を受け入れてみようと思われたきっかけはどのようなことですか?

 日本人を採用するも、来ても良い人がいない、若い人がいない、という悪い流れがあり、実習生の受け入れを決めました。受け入れ前は、環境も異なる彼らが日本人と同じように出来るのか、言葉が通じない中で指導が出来るのか、といった不安を抱えていました。

実際に受け入れて見ていかがでしたか?

 想像以上に真面目に取り組み、全力でやっているのを感じます。1期生の時はコミュニケーションに苦労しましたが、2期生以降は先輩が通訳してくれるため困りませんでした。その反面、日本語力は落ちる傾向にあります。しかしながら、必ずしも「日本語ができない=仕事ができない」という訳ではありません。日本語も仕事も、あくまで個人差であると思っています。
 生活面については、掃除が行き届いていないという印象があります。本人たちは毎週やっていると言ってはいますが・・・。それと、距離の問題なのか乗り方の問題なのか分かりませんが、やたらと自転車がパンクします(笑)

仕事を教えるにあたって何か工夫されたことはありますか?

 最初は簡単な日本語とジェスチャーで作業指示をしていました。基礎的なことから教え、出来たらまた他のことを教え、徐々にレベルアップを図っていきました。覚える速さは人それぞれでした。また、ベトナム語と日本語を併記した手順書を作成しました。教える側・教わる側が同じ内容を確認しながら作業指示できるため、今後も活用していきたいと思っています。

実習生の日本語力を伸ばすために工夫されていることはありますか?

 月1回全体朝礼で日本語スピーチをさせています。テーマは自由ですが、カンペはNG。その日が近づくと練習を始めるので、それが勉強に繋がっていると思います。また、元国語の教師である社長のお兄さんが、寮の中に日本語自習室を設置。定期的に通う者もいるようで、これをきっかけに日本人と会話し、日本語に馴染んでいってほしいと思っています。

会社以外での関わりはありますか?

 実習生と日本人社員が仲良く話しているのをよく見かけます。寮まで行って面倒を見たり、釣りに行ったり、ご飯を食べに行ったり。「外国人だから」というわけではなく、自然に馴染んで来たように思います。

最後に受け入れを検討している企業向けに、一言お願いします。

 最初は言葉の壁がありますが、真面目なので少しずつ日本語を覚え、コミュニケーションを取れるようになっていきます。会社全体の生産性も上がりました。最初の苦労を乗り越えれば、一社員として欠かせない存在になってくれると思います。

受け入れ企業様

製造課係長:T様
グループ長:M様
総務部:N様
場所 和歌山県
事業内容 機械部品の板金加工・各種工業塗装
作業 噴霧塗装・半自動溶接
国籍 ベトナム

まずはお気軽にご相談ください!

外国人技能実習生のメリット・デメリット

19年以上の実績

なんでもお答えいたします!

お電話でのご連絡先
受付 9:00~18:00(土日祝休)

  • 06-6333-2373 052-459-5280 082-546-1222
資料請求はこちら

資料請求お問い合わせ

会社名必須
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご住所必須
検索キーワード任意
お問い合わせ内容必須