当組合が選ばれる理由

当組合が企業様に選ばれる
3つの大きな理由をご紹介します。

実習生の受け入れは難しいの?

    1. イチゴ栽培→靴磨き・性暴力。時給300円「無法地帯」
      (全国紙 2006年8月17日)
    2. 冬の青森にあるガレージを改装した寮でストーブすら
      使わせず、
      時給370円・残業176時間で働かせた。
      (全国紙 2006年11月13日)
    3. トイレに行くたび罰金・ベトナム人研修生虐待 
      (地方紙 2007年3月9日)

    これらは多くの方が目にしたであろう新聞記事の抜粋。見るだけで胸が痛みます。
    これにとどまらず、最近「実習生が人権を無視されひどい扱いを受けた」「実習生の受け入れを、
    単に低賃金労働者確保の手段として利用している」などの事例が、続々とメディアで取り沙汰されています。
    それらを見聞きして、実習生受け入れに不安を抱かれた方も、恐らくいらっしゃるでしょう。

  • 組合は非合法な団体?!

    また不正行為を黙認・奨励した結果、業務停止に追い込まれた組合も出現。
    そのことで「全ての組合は“非合法な団体”」とお考えになり、現在実習生を受け入れ中の企業様のなかにも
    「この組合は本当に大丈夫なのだろうか?」といった懸念を抱かれたところがあるかもしれません。
    しかし――

  • 関西技術協力センターは、法令・制度遵守に
    定評あり

    当組合は、組織的に法令・制度遵守に取り組んでおり、各方面から高い評価をいただいております。
    評価の理由を説明する前に、まずはどのような事例が貴社に悪影響を及ぼすのかをこのページで
    知ってください。
    その上で、当組合が現在取り組んでいる様々な工夫を、より深く知っていただければ、
    実習生の受け入れが決して難しくないこと
    をご理解頂けると思います。

外国人研修・技能実習制度における
不正行為とその影響について

  • 最低賃金割れ・性的虐待・過剰労働などは
    明らかに不正

    不正行為とは、法務省・入国管理局が技能実習生受け入れ企業の行為として不適切ととらえる行為です。
    例えば、最低賃金割れ・性的虐待・過剰労働など。新聞記事になったような労働基準法違反や人権侵害は、
    明らかに不正であることがわかります。
    研修生・技能実習生を受け入れる中で、違法行為・不正行為が明らかになると、受け入れ企業はもとより、
    一次受け入れ機関(組合や社団法人など)も、現在受け入れている技能実習生への帰国指導、
    及び5年間の実習生の受け入れ禁止となることがあります。

  • 研修生・技能実習生の全員帰国、
    新規受け入れの禁止などの厳しい罰則

    一次受け入れ機関(組合や社団法人など)が帰国指導を受けた場合、その機関を通じて受け入れている全企業が
    その対象となり、その時点で受け入れている技能実習生が全員帰国ということになります。
    新規受入れについても同様で、場合によっては申請中の企業全ての在留資格が不交付となる可能性もあります。
    このため、ここ半年ほどの間に、一次受け入れ機関の法令遵守への取り組みを問う企業様が増えてきました。

法務省が定める不正行為とは?

  • 法務省は指針の中で、不正行為を下記のように具体的な形で示しています。

    1.二重契約
    入国管理局に提出した研修・雇用契約とは異なる内容の契約が存在する場合。
    2.技能実習計画との齟齬
    おもに申請した職種と実際の実習内容が明らかに異なる場合を指します。
    3.名義貸し
    申請した企業と異なる企業で実習が行われている場合で貸し手・借り手の双方とも不正行為の対象となります。
    4.その他虚偽文書の作成・行使
    おもに申請の許否が変わる程度の文書偽造が行われていた場合が対象となります。
    5.時間外労働
    実習生に、法令外の労働行為をさせた場合。
    法令外労働の詳しい内容については、組合スタッフまでお問い合わせください。
    6.悪質な人権侵害
    給与の不払い、監禁・暴行といった悪質な人権侵害行為が行われている場合が対象となります。
    7.監査報告の怠り
    失踪など、問題事例の届け出や、監査報告の怠りがあった場合。
    その前1年間で受け入れていた技能実習生のうち、2割以上が失踪して、それが不法在留につながったような
    場合に、それが実施体制に起因すると認められると、不正行為と判断されます。
    8.不法就労者の雇用・労働関係法規違反
    不法就労者の雇用のように、入国管理・労働関係法規に違反した形で外国人を就労させた場合など。
    9.再発
    不正行為に準じる行為を、改善策の提出後に、同じ形で再発した場合。
  • 不正行為に厳しい姿勢で臨み始めた
    法務省・厚生労働省・外国人技能実習機構

    2016年11月28日、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)が
    公布され、今後、2017年11月1日からの施行に向けて、順次新たな技能実習制度に移行していくことに
    なります。
    技能実習法には、技能実習制度の趣旨・目的に反して、国内の人手不足を補う安価な労働力の確保等として
    使われることのないよう、基本理念として、技能実習は、①技能等の適正な修得、習熟又は熟達のために
    整備され、かつ、技能実習生が技能実習に専念できるようにその保護を図る体制が確立された環境で
    行わなければならないこと、②労働力の需給の調整の手段として行われてはならないことが定められています。

  • 関西技術協力センターは、法令・制度遵守
    徹底します!

    当組合では、JITCO主任指導員を招いてコンプライアンスに関するセミナーを開催するなど、
    制度遵守について企業様のご理解、ご協力をいただくために、さまざまな活動を行っています。
    ただ、コンプライアンスを考える上で、最も重要視しているのは普段の活動の細かい作業の集積です。
    書類のフォームに工夫を加え、全ての組合員様に提出をお願いする、といった本当に細かい努力の集積が、
    当組合の法令遵守への取り組みにつながります。

    具体的な事例やエピソード、参考資料についてはお手数ですが一度お問い合わせください。
    説明を聞いていただければ、ご納得いただけると思います。

ぜひ一度、組合本部へお越しください!

  • 本部近隣の企業様は、機会があればぜひ組合本部の業務体制を見にいらしてください。
    関西技術協力センターは、企業様の訪問をいつでもお待ちしております。

    所在地
    〒561-0832
    大阪府豊中市庄内西町1丁目3番15号
    電話番号
    06-6333-2373
    電車をご利用の場合
    阪急宝塚本線 庄内駅 西出口より徒歩約8分
    お車(高速)をご利用の場合
    国道176号線 庄内東町の信号を西に約250m
    ※駐車場はございませんので、近くのパーキングへお停めください。

まずはお気軽にご相談ください!

外国人技能実習生のメリット・デメリット

15年以上の実績

なんでもお答えいたします!

お電話でのご連絡先
受付 9:00~18:00(土日祝休)

  • 06-6333-2373
  • 052-459-5280

メールでのご連絡
24時間受け付けております。

  • 無料資料請求
  • 各種セミナー
  • お問い合わせ
資料請求はこちら

資料請求お問い合わせ

会社名必須
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご住所必須
検索キーワード任意
お問い合わせ内容必須