(協)関西技術協力センター (KTCC)は、外国人技能実習制度を通じて企業の活性化・国際化に取り組んでおります。
協同組合 関西技術協力センター KTCC 国の経済発展を担う「人づくり」 〜外国人技能実習制度〜
まずは、無料資料 新法案について ごあいさつ・組合概要 サイトマップ お問い合わせ
HOME 私たちはここが違います 受け入れ企業様の声 組合スタッフの声 実習風景 実習制度について 実習生受け入れの流れ よくわかるQ&A
新法案について ごあいさつ・組合概要 受け入れ可能職種 サイトマップ



株式会社 Y製作所


セツ君

ホームシックが、延長希望?!

■大阪府
■動力伝導装置製造業
   (玉軸受、ころ軸受を除く)
■実習作業:機械加工/
        普通旋盤作業
■実習生の国籍:中国
 

■長身、イケメンの若々しい社長(匿名希望)に
 出迎えていただきました。

そんな大阪府の某旋盤工場に、実習生として迎えられているのは、
中国からの青年2人、リュウ君とセツ君。
「来日当初の2人は、日本語が完全でないことに気を遣うあまり、
“分かったか?”と尋ねられて、分かっていなくても“分かった”
と答えることに困りました・・・」
社長は、そう懐かしそうに白い歯をのぞかせて笑う。
今では、すっかり馴染んでしまって、バリバリと機械を扱う
頼もしい姿に、すっかり満足しているそうです。
言葉の端々に時々現れる中国的発音?
もしやと思って尋ねてみると、
「私、中国語が話せるんですよ。」と、一言。
なるほど納得です。
「でも、よっぽどのことがない限り、中国語で会話は
しないようにしています。
日本語でコミュニケーションが取れないと、
これからの業務に支障をきたしますからね」
でも、社長は2人から、よく寮に招かれるそうです。
先日、2人の寮で、中華料理をご馳走になりながら、
リュウ君が発した一言に社長はいたく感激したそうです。
「僕、制度が変わって、実習期間が延びるんだったら、
もっと長くここに居たいんです」
(1年前は、ホームシックだって言ってたくせに・・・)
そう思った社長は、現在、後3名の実習生の増員を考えて
いただいているそうです。人を介して世界を繋ぐ“志”の種、
今日は大阪府の旋盤工場でひとつ見つけました。v(^o^)


■日本の国自体が外国人実習生を受け入れる体制が
 できていない事を痛感しました。

実習生の日々の暮らしは、とにかく節約。
これは他社の感想でもよく耳にします。Yさんも、
様々な会社から、実習生たちの生活の切り詰め
具合を聞いていたそうで、「お給料のほとんどを
仕送りに回すと聞いていましたので、我々の方でも、
最初のうちは、お米だけは無償で支給しようと
決めていました。お腹をすかして作業をされても…ね(笑)」
その心遣い、本当にありがたいです! 実習生たちも
とても心強いはず。また、Yさんが、実習制度を
実際に取り入れて一番大きく感じたのは、
『日本自体が受け入れる体制になっていない』という事。
「日本では、仕事をする上では資格が絶対必要なんです。
日本人の場合は、半年の間に絶対取らせます。
しかし実習生がそれをしようとすれば、やはり日本語の
壁がある。母語で受けさせたらすぐに
取れるはずなんですけど。日本の国の閉鎖性を感じます」
だけど、実習生たちには時間がかかっても資格を
取得してほしい。Yさんは、日本にいる間に、
なにを覚え、取得するかが彼らにとって大切だと
強く言います。
「だから、手間暇かかりますが、その部分は彼らに
勉強させています。日本語も、2級は絶対取れよ、
取らないと帰すぞ!……なんて
はっぱをかけたりね(笑)」
来年にはさらに2期生を3人受け入れるO社。第1期生の
彼らには、良き先輩として後輩を指導できるよう、
日本語も技術修得も頑張って欲しいです!


◆イケメン社長からのご要望◆

『今後、実習生の導入を進めるにあたって、公的機関との
パイプを強くして頂けると助かります。』


【組合理事からの回答】

貴重なご意見ありがとうございます。
組合としましては、組合員企業様の好事例や
組合独自の日本語教育への取り組みなど今後も皆様の
ご協力の下、築くことが出来ている適正な実習生事業を
アピールし続けて参ります。

気軽に無料相談
■まずは、国際貢献への扉をノック!
外国人技能実習制度は、日本国内に諸外国からの若者を受け入れ、
優れた技能を身につけてもらうことで、国際貢献をはかる国の制度。
2007年には外国人実習生数が8万5千人を越えました。

このごろでは、受入れ企業の比較的年配の担当者様から、
「実習生が素直で真剣に取り組む姿は、自分が若い頃の日本人を見ているようで、
一緒に働くことが楽しい!」とよく言われます。
しかしそんなうれしい話をしてくれる担当者の方も、最初は
「言葉も文化も違う外国人とうまくやっていけるのか?」
「どんな手続きが必要なのだろう。面倒なのでは?」
と、不安でいっぱいだったのです。

そこで関西技術協力センターでは、そんな不安を気軽に相s談できるように
無料相談センターを設けました。
相談内容も「○○について教えてください!」という
一言だけでもかまいません!安心してご相談ください。

■お電話でのお問い合わせはこちら

■メールフォームでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ・無料相談 資料請求申込み(無料)

*土,日,祝日のお問い合わせは、月曜日または祝日明け以降のお返事となります。


HOME

ページトップ
サポート担当者の声
実習生の声
受け入れ企業の声
関西技術協力センター
サイトマップ個人情報保護法についてリンク交通アクセス資料請求
お問い合わせ窓口 06-6333-2373
受付時間 9:00〜18:00 ※土日祝日はお休みです
協同組合 関西技術協力センター 〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町1丁目3番15号
名古屋事務所
愛知県名古屋市中村区竹橋町17−9セサミタワー7A
TEL 052-459-5280 FAX 052-459-5281