(協)関西技術協力センター (KTCC)は、外国人技能実習制度を通じて企業の活性化・国際化に取り組んでおります。
協同組合 関西技術協力センター KTCC 国の経済発展を担う「人づくり」 〜外国人技能実習制度〜
まずは、無料資料 新法案について ごあいさつ・組合概要 サイトマップ お問い合わせ
HOME 私たちはここが違います 受け入れ企業様の声 組合スタッフの声 実習風景 実習制度について 実習生受け入れの流れ よくわかるQ&A
新法案について ごあいさつ・組合概要 受け入れ可能職種 サイトマップ



取締役 工場長 M様

組合によって実習生たちの性質も変わってくる。
担当とのコミュニケーションが常にあるのが何より安心です。

■兵庫県
■プラスチック製品の
   成形、主に自動車部品
■実習作業:射出成形作業
■実習生の国籍:ベトナム

左から、チョン君、ハイ君、
M様、ティエン君、
タン君、ロイ君、トゥアン君

■別組合からも受け入れの経験が。
 それだけにいろんなトラブルもありました

ここN社はかなり以前から実習生の受け入れを
取り入れていらっしゃる、いわば実習生受け入れのベテラン。
関西技術協力センターとのお付き合いは去年からですが、
色々なお話が聞けそうで取材スタッフ全員、ワクワクです!
「弊社は、他組合さんから実習生を受け入れて、
既に12名が3年間満了して国に帰しているんですよね。
関西技術協力センターさんに頼んでみようと思った理由は、
以前のところで、少し実習生のトラブルがありまして(苦笑)。
このままでは困るな、ということで変えたんです」
私たちも、時々そういった情報を耳にします。
真面目に働いている実習生のイメージまで悪くなるので、
本当に困っているんです……。
「以前の実習生と比較すれば、お世辞でもなんでもなく、
間違いなく人材が良くなっていますよね。
それに、御組合の実習生は積極的な方ばかりですよ。
注意が必要なときもありますけどね(笑)。
日本語も、週に一回ボランティアでやっている
日本語学校がありますので、そこに勉強に行っています」
なんと、交通費は会社が負担して下さっているとの事。
ありがとうございます!


■器用なんですよね、
 生産量の面ではベトナム人に軍配が上がるのでは

Mさんが、ベトナム実習生たちに感心したのは
「一生懸命仕事をする姿」事と「器用さ」。
仕事内容は 製品の生産性が大切になってくる
成形オペレーターという役割。
実習生の真面目さは、現場でも評価を得ているようで、
お褒めの言葉を頂きました!
「はじめは品質面の細かいところまで
指導をする必要がありますが、覚えが早いですよ。
根気強さもあるし、一生懸命仕事をしてくれています。」
彼らは現在、成形オペレーター担当ですが、
今後はクレーンを使っての技術的な作業も
覚えてもらいたい、とおっしゃるMさん。
しかし、やっぱりその前に立ちはだかるのは
「資格」の壁……。技術はあるのに、
そこでストップしてしまう現状に、
私たちも本当に苛立ちを感じます。
「彼らに一つ困った点を挙げるとするなら、
なにか言うとすぐ『わからない』と言う。
本当のところの意思疎通ができているのかどうか…。
全部その言葉で逃げてしまっているのかな?
という感じるときもたまにありますね。
考えすぎかもしれませんが(笑)」
いえ、多分彼らも横着して、その言葉で
誤魔化している部分もあるかもしれません(汗)。
「わからない」と言う前に、「もう一度
教えてください」と言おう、実習生ッ!


■1ヶ月に1回、担当が必ず来てくれるという安心感は、
 他組合にはありません

実習生受け入れの経験が豊富なN社さんが、
私たち関西技術協力センターの長所として
笑顔で挙げてくれたのが、担当が1ヶ月に1度、
絶対実習生たちに会いに来るという点でした。
「他組合さんの時は逆にこっちから
呼んでいる状態でした。月に一度なんて全く
来なかったですよ。苦情を言った時もあるくらいです。
手が足らないとか、私たちの工場が田舎で、
交通の便が悪いというのもあったのかな。
やっぱり、世話をする者がなかなか顔を見せないと、
実習生も、休み毎によからぬ仲間と会って、
よからぬ情報をもらって、突然いなくなる……
ということになるんでしょうね。御組合のように、
同じ人間が常に様子を見に来て会話をする事で、
彼らも安心するし、真面目にしなければ、
と思うんでしょう。この安心感は、ほかにはないですね」
ありがとうございます!これからも担当が
心を込めてしっかりと見守ります!


◎組合へのご要望◎

製品に関して、基準書(作業標準書)というのが
あるのですが、その翻訳を依頼できれば
ありがたいと思うのですが…。他社さんに
お願いをしたりもしたのですが、
締め切りの関係で難しい事も多いので。


【組合専務理事からの回答】

他社様からも同じ要望が出ています。
しかし、専門用語がネックとなり、
なかなかお受けするまでに至っていません。
会社のルールなど、日常的な内容に関する
翻訳は問題がないと思いますが、
会社の作業になると、直訳していいのかどうか、
また、トラブルが起きた場合の責任の所在は
どうするのか等の問題点があり、
結局、今のところは専門のところに頼むしか
ない状態です。ただ、将来、私たちの方で出来ると、
一番いいと思いますので、この点に関しては
これからも前向きに取り組んでいきたいと思っています。

気軽に無料相談
■まずは、国際貢献への扉をノック!
外国人技能実習制度は、日本国内に諸外国からの若者を受け入れ、
優れた技能を身につけてもらうことで、国際貢献をはかる国の制度。
2007年には外国人実習生数が8万5千人を越えました。

このごろでは、受入れ企業の比較的年配の担当者様から、
「実習生が素直で真剣に取り組む姿は、自分が若い頃の日本人を見ているようで、
一緒に働くことが楽しい!」とよく言われます。
しかしそんなうれしい話をしてくれる担当者の方も、最初は
「言葉も文化も違う外国人とうまくやっていけるのか?」
「どんな手続きが必要なのだろう。面倒なのでは?」
と、不安でいっぱいだったのです。

そこで関西技術協力センターでは、そんな不安を気軽に相s談できるように
無料相談センターを設けました。
相談内容も「○○について教えてください!」という
一言だけでもかまいません!安心してご相談ください。

■お電話でのお問い合わせはこちら

■メールフォームでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ・無料相談 資料請求申込み(無料)

*土,日,祝日のお問い合わせは、月曜日または祝日明け以降のお返事となります。


HOME

ページトップ
サポート担当者の声
実習生の声
受け入れ企業の声
関西技術協力センター
サイトマップ個人情報保護法についてリンク交通アクセス資料請求
お問い合わせ窓口 06-6333-2373
受付時間 9:00〜18:00 ※土日祝日はお休みです
協同組合 関西技術協力センター 〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町1丁目3番15号
名古屋事務所
愛知県名古屋市中村区竹橋町17−9セサミタワー7A
TEL 052-459-5280 FAX 052-459-5281