●●●ゴールデンウイーク休業のお知らせ●●●


誠に勝手ながら、下記期間を休業といたします。休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、5月10日より順次ご対応予定です。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


休業期間:2021年4月29日(木)~5月9日(日)


  新着情報
2021.04.12:
ありがとう作文に2020年度版を掲載しました。
2021.03.31:
大阪本部のページを追加しました。
2021.03.31:
名古屋事務所のページを追加しました。
2021.03.31:
広島事務所のページを追加しました。
2021.03.31:
トラブル事例のページを追加しました。
2021.03.16:
「鉄道施設保守整備」「ゴム製品製造」が追加されました。
2021.01.08:
「RPF製造職種」が追加されました。
2020.10.21:
非加熱性水産加工食品製造職種「調理加工品製造作業」「生食用加工品製造作業」が追加されました。
2020.07.17:
職種「漁船漁業職種(棒受網漁業)」「印刷職種(グラビア印刷)」が追加されました。
2020.02.26:
職種「宿泊」が追加されました。
2019.11.09:
職種「コンクリート製品製造」が追加されました。


外国人技能実習生の受け入れは、関西技術協力センターにお任せください

当組合は優良な監理団体として外国人技能実習機構の認可を受けています。

サポート担当者

2002年設立当初から当該国との太いパイプの中で行っている日本語教育や日本での生活マナーや習慣、人間力向上等の教育は、受け入れ企業様にも好評をいただいております。 また、受け入れ企業様配属後は専属の母語スタッフと日本人スタッフが毎月企業様を訪問し、企業様と外国人技能実習生のサポートを行っています。


私たち関西技術協力センターは、外国人技能実習制度を通し、日本企業と諸外国の架け橋になりたいと思っています。


※2017年11月施行された「外国人技能実習法」では、監理団体は「一般監理事業」 「特定監理事業」の2種に区分されるようになりました。 「一般監理事業」はある一定の要件を満たしている優良な監理団体が認可され、外国人技能実習生の最長5年間の受け入れが可能となる他、受け入れ人数枠が2倍に拡大することが可能となります。 「特定監理事業」は通常3年の受け入れのみ可能となります。

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識を、OJTを通じて開発途上地域へ移転する制度です。 期間は、技能実習1号で1年間、2号で2年間、一定条件のもと3号で2年間、最長5年間です。 受け入れ可能な職種は決められており、 これらに該当する企業様は弊組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れる事が出来ます。 ...もっと詳しく
特定技能登録支援機関としても活動しております

人手不足が深刻な産業分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材の受入れが可能となりました。 「技能実習制度」が「研修制度」であるのに対し、「特定技能」は人材不足をカバーするための「労働力」であるというのが大きな違いです。 ...もっと詳しく

事務所アクセスマップ

  • 大阪本部

    〒561-0832
    大阪府豊中市庄内西町1丁目3番15号

    06-6333-2373
  • 名古屋事務所

         

    〒453-0013
    愛知県名古屋市中村区亀島2丁目14番10号 
    フジオフィスビルディング4階

    052-459-5280


  • 広島事務所

         

    〒730-0051
    広島県広島市中区大手町3丁目8番1号 
    大手町中央ビル10階

    082-546-1222

まずはお気軽にご相談ください!

外国人技能実習生のメリット・デメリット

18年以上の実績

なんでもお答えいたします!

お電話でのご連絡先
受付 9:00~18:00(土日祝休)

  • 06-6333-2373 052-459-5280 082-546-1222
  • 厚生労働省
  • 外務省
  • 法務省
  • 国土交通省
  • 農林水産省
  • 経済産業省
  • 大阪商工会議所
  • 外国人技能実習機構
  • JITCO
資料請求はこちら

資料請求お問い合わせ

会社名必須
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご住所必須
検索キーワード任意
お問い合わせ内容必須